DSC_0061-800B-1.jpg

理 事 長  藤本 靖

1961年生 標津町出身、標津町在住


大津自動車興業株式会社    代表取締役
忠類川サケマス有効利用調査  副実行委員長
特定非営利活動法人キラリ工房 理事長 他

 

共同著書 北海道のサケ釣り(北海道新聞社)

執  筆 北海道新聞、つり人社-NorthAngler、モーリー 他


出  演 「川のライオン」他、フィッシングビデオ、TV等多数
     忠類川サケマス有効利用調査の開始時からのメンバーの1人。

     河川でのサケ釣りでは、国内第一人者とも言えるサケ釣りのエキスパ

     ート。忠類川では期間中、連日、開始前に河原にヒグマがいない事の

     確認を欠かすことなく参加者の安全を確保し、20数年来ヒグマと参加

     者との事故を防いでいる。

IMG_0177-01.jpg

事務局長  黒渕 澄夫

1949年生 岩手県出身、中標津町在住


自 営 業
北海道猟友会中標津支部 事務局長
 

埼玉県での教員生活中に北海道東部を訪れ、その大自然に魅了され移住を決意。
​中標津町開陽台に居を構え、大自然の中でのハンティング、フィッシングを満喫している。

DSC_0292-00.jpg

業務課長  赤石 正男

1952年生 標津町出身、標津町在住

ハンター歴40年越のベテラン。ヒグマを追いかけて知床半島先端部から阿寒連峰までを踏破。

ヒグマを追っての単独狩猟歴は、トータルで120頭をを超える。

​生態を知り尽くしたヒグマ関しての知識は計り知れない。ライフル遠射、また罠や捕獲檻を使用しての動物捕獲は国内有数のエキスパート。
​ライフル弾道学のエキスパートでもある。